紙の基礎知識

トップページ紙の基礎知識>紙の単位

紙の単位

連(れん)

・平判の紙枚数を表す単位。

1連とは紙1,000枚(板紙の場合は100枚)を表します。
1,000枚以下の場合は小数点を使い、2.5連(2,500枚)などと表示します。また1連の事を「1R」と表し、板紙は「BR」と表します。

連量(れんりょう)

・紙1連の重さ

紙の寸法が変われば、重さも変わります。同じ坪量でも紙の寸法が変われば連量は異なります。
連量(kg)=坪量(g/㎡)×面積(㎡/枚)
※板紙の場合は1/10になります。

坪量(つぼりょう)

・1㎡(平方メートル)あたりの紙1枚の重量。

紙・板紙の基準となる重さを坪量と呼び、㎡あたりの重量で表し、g/㎡で表記します。
基本的に坪量が大きくなるほど、厚い紙となります。
面積と重さから坪量を求めることができます。米坪(べいつぼ)などと呼ぶこともあります。

  洋紙(1,000枚=1R) 板紙(100枚=1BR)
連 量(kg)
米坪(g/㎡)

ページトップへ戻る