大塚紙店のことを知りたい方 / 大塚紙店とは

トップページ大塚紙店とは>大塚紙店の取り組み

大塚紙店の取り組み

株式会社大塚紙店は、「常に人々の暮らしを支える紙を提供する」というビジョンをもって1932年(昭和7年)に創業した創業80年を越 える老舗企業です。現在は、自社ブランドや特許商品なども生産し、伝統で培った確かな技術を伝承する一方、常に時代に即した新たな挑戦を続けています。

「確かな品質」をお届けするために大塚紙店が大切にしていること。

Photo:

お客様の業務の充実のために、確かな品質の紙を和紙のふるさと小川町から届けたい。

大塚紙店が商品を提供することで、お客様も売上、利益を伸ばし、次世代へつなげていけるお手伝いをしたいと考えています。

お客様に常に信頼していただき、ご安心いただく為には、最善の生産状況を保ち続けなければなりません。「大塚紙店に任せておけば大丈夫」と、お客様から頼りにされ、愛される会社であり続けられるよう、私たちは現状に甘んじることなく、日々改善に取り組んでいます。

お客様の支えとなる、縁の下の力持ち。

Photo:

たとえ私たちが不得意な分野でも、お客様からの問い合わせに対してお断りしないこと。

創業以来その姿勢を貫いた結果、今ではお客様から頂いた課題やご相談が基となり、各種特殊紙、特許商品、プライベートブランドなど取扱商品を増やして参りました。

この取り組みは創業から80年経った現在でも変わらず、お客様の良きパートナーとしてお役に立てると確信しています。

紙の卸しから、更なる可能性へ。

Photo:

大塚紙店の「紙」事業は、ただ「卸す」だけで完結しません。長きに渡り培ったノウハウを駆使し、加工することはもちろん、品質改良を繰り返し、これまでには無い全く新しい製品を「創る」ことができる環境を構築しています。

例えば、水に強く、破れにくい紙「アドベック」や、遠くからでも見える透かしを入れた和紙など、独自商品を生み出し、実用新案粗取得しています。

紙のふるさと小川町を基点として、私たちのご提供する「紙」の可能性は大きく広がっていきます。

ページトップへ戻る